【痩身エステ実例】本気で10kg痩せたい女性のダイエットの心構え

【痩身エステ実例】本気で10kg痩せたい女性のダイエットの心構え ダイエット実践法
この記事は約6分で読めます。

10kg痩せたい理由は様々です(実際のサロンでの話)

女性はいつになっても美しくいたいもの。プロポーションが良くなれば着ているものがよりきれいに、外を歩いても楽しい。でも歳を重ねるごとに代謝は落ち、なんだかよくわからない閉塞感が漂っていませんか?

加藤かおり
加藤かおり

実際に10kg痩せたいお客様から寄せられた声を以下に乗せます。1つでも当てはまれば私の話を聞く必要があるかもしれません。

太って着たい服が着れない

旦那に「結婚後に急に太ってサギ」と言われた

子供が友達に「〇〇ちゃんのお母さんはデブ」と言われてしまった

久しぶりに彼氏に会う

食事制限しているのに若い頃のように痩せない(50歳以上の女性の多く)

結婚式が間近にあるが、太りすぎて出席するのが恥ずかしい

健康診断で良い結果を出したい

子供の卒業式・結婚式に出席したいが恥ずかしい

鬱や引きこもりで太ったが、痩せて社会復帰をしたい

加藤かおり
加藤かおり

これらは痩身エステアットモアに寄せられた本当の声です。そして大多数の方が私の言うことを素直に聞いて実際に痩せ、人生を変えていきました。

10kg痩せる目標を立てるべき理由

加藤かおり
加藤かおり

なぜ10kgなの?と思う方がいると思いますが、10kg痩せるとこんなにいいことがあるからです。5kgでは中途半端、がんばってできる最大の目標値が10kgなのです。10kgの減量ができる人はなんでもできます!!

もし次のようになりたいなら、私についてきてください。

 

・美人になる。目鼻立ちがくっきりし、美人の顔立ちになります。

・服が綺麗に着れて、オシャレになる、何を着ても似合う

・モテる。男性に声をかけられる。

・綺麗な自分に自身が持て、積極的になる。

・毎日が楽しくなる。

体調が半端なく良い

・健康診断の結果がすこぶる良い(血糖値、HbA1c、コレステロール、など)

・体臭がなくなる

生理不順が治る

・体温が上がり肌も綺麗に

・生活習慣がよくなる

・栄養のことがわかり、良い食事の習慣が身につく

加藤かおり
加藤かおり

「痩せペディア」は痩身エステアットモアが培ってきた技術を可能な限り皆様にお伝えし、遠隔でも痩せて頂けるノウハウを公開しています。

10kg痩せたい女性が知るべき、生理周期とダイエット

女性特有のホルモンについて

加藤かおり
加藤かおり

男性と違い、女性はダイエットに生理という要素が絡むため、ダイエットに関係なく体型が変化します。そのため、一喜一憂してはいけません。

女性の体はエストロジェンプロゲステロンという2つのホルモンで左右されています。

エストロジェン・・・痩せホルモン(美人ホルモン。むくみが無くなり、からだと心が軽くなります)

プロゲステロン・・・痩せにくいホルモン。(むくみやすくなったり、食欲が爆発したり、落ち込んだりします)

生理周期と女性の身体

加藤かおり
加藤かおり

生理の前に食欲が増してふっくらとした体つきになる時がありませんか?それは太ったのではなく、水分量が一時的に増えているからです。妊娠してもいいですよという合図でもあります。

その後排卵が起こり、月経期をすぎたらなんとなくスッキリ。体重も元に戻りますが、それはエストロジェンというホルモンの作用です。女性らしいクビレなどもこのエストロジェンの働きによるもの。ここが女性のダイエットに最も適したタイミングです。

加藤かおり
加藤かおり

ダイエットや軽い運動を集中的に頑張るには最適で、エストロジェンが出ているときこそ頑張ってダイエット!と覚えておいてください。

女性は28日から40日(人により多少月経期間は違いますが)ほどの感覚でこの2つのホルモンにより綺麗になったり、ふっくらとママになる体になる準備をしたり、と閉経を迎える50代まで毎月繰り返すわけですね。

加藤かおり
加藤かおり

繰り返しになりますが、1ヶ月のうち毎日頑張る必要はありません。適切なタイミングで頑張るだけでしっかり痩せます。

10kg痩せたい女性が知るべきカロリーの話

数値で考えると食べるのをやめられます。

50kgの人の体温が1℃上昇すれば50kcalです。

36℃の体温が37℃に上がったと考えると、ものが燃える=代謝が上がるとなんとなくわかりますね。

あなたがさっき食べたコンビニのショートケーキは何kcalでしたか?体重55kgの女性の場合、30分間走って300kcalをやっと消費できます。ショートケーキ1個が340kcalです。

加藤かおり
加藤かおり

さて、30分走るか、ケーキをやめるか、どちらを選びますか?

知ると知らないとは大きく変わってきますね。チョコレート1個が50kcal、など身の回りのものの恐ろしさを数字で知りましょう。

食事と運動について

糖質は吸収されたのち血液中に放たれますが、消費されずに余ると脂肪として無制限に貯畜(お腹につく)されます。しかも、糖質と一緒に脂質をとったとしましょう。脂質はホルモン、皮膚の保湿液(ヒアルロン酸など)、リン脂質、細胞膜、といった主要な組織になりますが、やはり余ると脂肪も無制限に貯蓄(お腹につく)されます。

加藤かおり
加藤かおり

脂肪は燃やすのに一苦労、いちど貯蓄された脂肪(特に皮下脂肪)はなかなか燃やすのには時間と運動が必要です。特に歳を重ねている場合は脂肪が硬くなっているので、普通に運動するだけでとれないことがあります。

体温を発するためには筋肉が運動を続けている必要があります。連続運動は有酸素運動以外になく、ウオーキング、ジョギング、温浴などが挙げられるのはその理由からです。
皮下脂肪が燃え出すのは、血液中の血統が減り、内臓脂肪も燃焼を始めた後の30分後。継続できるくらいの有酸素運動で上手なカロリー消費しましょう。

痩せるイメージを持つことで生活が変わり、人生が変わる

痩せるイメージを一度つかむと、何を食べたら痩せやすくなるか、が頭と体で身についてきますし、選んで食べれるようになります。
運動前にはお腹がある程度空いている方が運動しやすいので、燃焼に適した果糖(果汁ジュースなど)を摂り、走った後はビタミンミネラルが欠乏しているので野菜スープのようなものとタンパク質を食べ、燃える体を作りましょう。

運動なし・食事制限なしでも痩せる

加藤かおり
加藤かおり

ダイエットをするにも考えることがあまりに多いな、めんどくさいなと思いましたね? 私自身がきつい運動をするダイエットだと続かないといった理由もあり、極力楽をして痩せよう、がコンセプトになっています。

痩身エステアットモアの「1週間の食べるファスティング」では-4kgと大幅に体重を落とすことができますが、特別な運動は必要ありません。

-10kgを最短で達成するときに気を付けるべき2点

  1. 腸内改善
  2. 代謝向上

この2点を目指すのがアットモア流ダイエットです。

加藤かおり
加藤かおり

基礎的な細胞の熱交換、代謝をあげることが何よりの近道です。運動を行うのは良いことですし、食事の制限も痩せそうに思いがちですが、運動なし、食事制限でもなく、基礎代謝を高く保つ食事管理と②規則正しい生活の中に実は痩せる近道は存在するんですね。



 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました